タブレット端末の登場でネットが気軽にできる時代に

wifiルーターを使うことにより、wifi内蔵端末であれば、インターネットに接続することができるようになります。

wifi内蔵でない場合は、モバイルルーターが必要です。

スマートフォンなどの携帯電話だけでなく、ノートパソコンやタブレット端末も接続することができるようになります。

タブレット端末の場合、薄型で持ち歩きがしやすいパソコンのように外でも使えるようになります。

タブレット端末のwifi項目で接続するもしくはオンにするなどの設定をすることにより、インターネット接続ができるようになります。


パソコンとタブレットの違い

パソコンなどとの違いは専用のアプリなどの利用ができることです。

外でもインターネットができるようになることに変わりはありません。

タブレットの場合、薄型であり中には小さいタイプのものもあるので、持ち歩きが便利となります。

なので、仕事などで思いノートパソコンを持ち歩くことなく、外でもインターネットができるようになります。

ただ、タブレットの場合、画面がノートパソコンに比べ傷つきやすいのでケースに入れるなどの工夫をすることが大切です。

お洒落なレザーケースなど種類も豊富でAmazonや家電量販店などで購入できます。

ケースなどに入れて持ち歩けば、傷がつく心配がないのでデメリットを解消することは容易です。

気軽にインターネットを持ち運べるので、かばんにいれてカフェや電車内で動画やネットを利用したりと便利に活用している人が多いです。